逆転合格の極意 松平勝男の東大法学部受験突破の勉強法 レビュー

逆転合格の極意 松平勝男の東大法学部受験突破の勉強法 レビュー

正しい勉強法こそ受験合格の要

逆転合格の極意

 

松平勝男監修の【東京大学法学部受験突破の勉強法】不器用だからできる“逆転合格の極意”が気になりませんか?

 

お母さんやお父さんなら、子供が一生懸命に勉強しているのに成績が伸び悩んでいるなら何とかしてあげたいと思っていることでしょう。

 

もし、お子さんが
●なかなか記憶がはかどらない
●集中力も続かない
●どうも理解できないことがある
●塾や家庭教師を雇っても、成績が伸びない
●一生懸命勉強しているのに学年の順位が落ちる一方

 

など、このような事態になると、迷路にはまりどう勉強したらいいかわからなくなってしまいます。
「自分は頭が悪いんじゃないか」と自信を無くし、「このままではとても志望校(大学)なんか受かりそうもない」と迷います。

 

 

こうなるとやる気も失せて、勉強の効率が落ちてしまいます。
その為、志望校(大学)にお子さんを最短で合格させてあげたいなら効率の良い正しい勉強方法を早いうちから行うことが理想です。

 

⇒ 【東京大学法学部受験突破の勉強法】不器用だからできる“逆転合格の極意”の詳細はこちら

 

 

受験の失敗談

実は私の息子も大学受験を一度失敗しました。
子は親に似るというのでしょうか、そういう私も一浪してやっと大学に入りました。

 

受験の失敗談

 

そんな私が試験というもについて考えたのは大学受験時代です。
その頃の受験では「四当五落」といわれていて、四なら当選(合格)

 

 

五なら落選(不合格)という意味で、寝る時間を割いて勉強して4時間の睡眠なら合格するが、 5時間も眠っているようでは受験に合格できないということです。

 

 

しかし、睡眠時間を削るというのは学期末試験のような場合には功を奏することがあります。
いわゆる一夜漬けというやつです。

 

 

この勉強方法は、学期の間に遊んでいた学生が一夜のうちに何とか赤点を取らないように知識量を増やすときに使います。
ですが、こういう生活はことの性質上、当然長続きしません。

 

 

1回目の受験で見事スッ転んだ私は、「そうか、やっぱり時間ばかりかけて勉強しても効率が悪いだけで、合格するには無理があったんだ」ということを悟りました。

 

 

何と立派な悟りなんでしょう(笑)
受験など、勉強が長期にわたるときには、健康管理のほうがはるかに大事ですからね。

 

 

さて、私と同じで性格が元々怠け者で要領が悪い息子ですが、この【東京大学法学部受験突破の勉強法】不器用だからできる“逆転合格の極意”の勉強法に出会って、志望校に無事逆転合格することが出来ました。

 

 

だから、あなたも同じ悩みを抱えているなら解決のきっかけになると思います。

 

 

何故かと言うと、1日8時間の睡眠をとりながらたった35日間で偏差値70を突破し、東京大学、さらには大学院に進学できた効率のいい正しい勉強方法を松平勝男先生が公開しているからです。

 

不器用だからできる“逆転合格の極意”東京大学法学部受験突破の勉強法とは?

この教材は、大学試験や資格試験にめっぽう強くなる効率的な勉強方法のノウハウについてまとめたマニュアルになります。

 

難関大学だけではなく、全ての大学入試で活用できる勉強法から、解答テクニックなどの即効性のある内容も網羅してあります。
しかも、時間も忍耐もそれほど必要とせず、最低限の準備だけ。

 

監修者の松平勝男先生とはどんな人?

松平勝男の資格

 

不器用だからできる“逆転合格の極意”【東京大学法学部受験突破の勉強法】の著者である松平勝男先生も、一度東京大学の受験に失敗されています。

 

その体験で得た逆転の思考からの気づきで、この勉強法に辿りつき、東京大学の法学部、さらには大学院まで進学されています。
その後、社会人にってからも国連英検A級、システム監査技術者などの多くの難易度A級クラス以上の難関資格を一発で取得されるなど、学習法・能力開発のスペシャリストとして各方面で活躍されています。

 

松平勝男監修の不器用だからできる“逆転合格の極意”のポイント

この東京大学法学部受験突破の勉強方法で大切になるのは、

@期日を定めある事を集中的に実践する
A出題範囲の問題を短期間でマスターする

 

この2つがこの教材の勉強法の基盤になります。
そもそも試験に失敗する人は、期日を決めてある事をしていないことと、やるべき範囲があいまいだからです。

 

 

結果としてやっている内容もあいまいな知識で終わってしまいます。
私も大学受験をすてんと一度転び、その経験からいってもこれは間違いないと思います。

 

 

また、直前期には新しい本で勉強するのは避けたほうが賢明です。
新しい本には、新しい知識が載っていますし、同じことでも切り口をかえてあったり、表現の仕方も違っていることがありますから、その結果、今までの知識とまじりあって、本試験で迷いが生じるからです。

 

 

そもそもなぜ受験生が直前期に新しい本を手にしたがるのかと言えば、不安があるからです。
これは私もでしたが、何かの拍子に知らないことを目にすると、自分の限界を忘れて「これがでたらどうしよう」と勉強する範囲を広げていました。

 

 

新しい知識がついていたようでいて、全体としては得点能力が落ちるという点で最悪の選択です。
不安からはじめたことにろくな結果が伴いません。

 

 

人間の能力にも時間にも限界がありますから、それを知って取るものは取り、捨てる物は捨てることが大事です。
そうした判断をすることが、大学受験や資格試験に受かろうと思えば大切なことです。

 

 

松平勝男先生の東京大学法学部受験突破の勉強法は「何から手をつけていいかわからない」と言う人も、まずはこの2点を集中して取り組むことで、勉強の能率は何倍にも上がるわけです。

 

⇒ 【東京大学法学部受験突破の勉強法】不器用だからできる“逆転合格の極意”の詳細はこちら

 

不器用だからできる“逆転合格の極意”の内容

【東京大学法学部受験突破の勉強法】不器用だからできる“逆転合格の極意”の内容で特に私が参考になったものをピックアップしておきますね。

 

逆転合格の極意の内容

 

<商品内容>
ダウンロード版PDFファイル
全編190ページA4版

 

●合格だけを視野に入れた受験の正しい戦い方とは?
●「試験までに勉強が終わらない…」という悩みを解消するスケジューリングテクニックとは?
●「賢すぎると点数が取れなくなる…」受験における試験のメカニズムとは?
●試験に落ちる原因を浮き彫りにし、危険因子を一つずつ排除する方法とは?
●無駄を究極まで取り除いた合格への最短ルートとそのスタイルとは?
●参考書を1ページ目から読んでいませんか?
●わからない問題が出題されてもなんとなく正解してしまうテクニックとは?
●偏差値を具体的にとらえ、計算通りに上げていく方法とは?
●受験本番、余裕をもって試験をクリアする方法とは?
●長文読解問題を最速で攻略する方法とは?
●自己流速読、意識するだけで読むスピードが2,3倍にアップする方法とは?
●過去に合格者を何人も輩出した「あるテキスト」とその使い方とは?
●選択肢に迷ったときの最後の手段、出題者の心理をついて解答を導き出す方法とは?

※本編では徹底的な試験対策、効率的な勉強法を詳細にご説明しています。

 

受験での知らないことへの不安

受験生は、本試験が近くに迫ってくると、知らないことやわからないことへの不安が大きくなるものです。
それで1年を棒に振ることになるのではないかと心配をすると思います。

 

受験の不安

 

もし、本試験の前に模擬試験があったとして、そこに知らないことがいくつか出題されていてその問題を間違えてしまったとします。

 

 

すると知らないことがあったから間違えたと決めつけてしまうでしょう。
ですが、一度受験に落ちてしまった体験がある私の考えはこうです。

 

 

「基本が出来ていないから間違えた」のです。
そもそも「知らないことを根絶することは不可能です。
例えば英語は、本試験では知らない単語が必ず出ます。

 

 

だから、知らないことをなくすことが出来るという考えが大きな誤解でしょう。
知らないことや分からないことを何とかするのが実力なんです。

 

 

そういった意味でも、この松平勝男先生の不器用だからできる“逆転合格の極意”東京大学法学部受験突破の勉強法は分からないことや知らない問題でもそれなりに正解させることが出来るテクニックが分かるのも良いところです。

 

松平勝男監修の【東京大学法学部受験突破の勉強法】不器用だからできる逆転合格の極意の欠点

とは言え、どんな良い教材にも欠点はあります。
この不器用だからできる逆転合格の極意の欠点は、マニュアルを読むだけでは効果がないということです。

 

 

また、購入しただけで満足してしまって実践しない人もたまにいますが、お金の無駄になってしまうので注意が必要です。
やはり、読むだけで天才になれるノウハウはこの世にありません。

 

 

ですが、この教材の内容を忠実に実践すれば勉強時間を大幅に減らす事ができ、なおかつ成績も飛躍的にアップさせることも夢ではなくなります。

 

 

また、あくまで勉強方法のマニュアルになり、勉強の能率を大幅に上げる為の知識のみで構成されているので、問題集はついていません。

 

 

その為、必要最低限の参考書や問題集は必要になります。
ですが、この勉強法のノウハウを習得する前と身につけた後では同じ参考書や問題集を開いても、知識の理解力や吸収力がまるっきり違ってくるでしょう。

 

 

私も最初は本当の効果があるのか半信半疑でしたが、受験はもちろん、大学入学後のでテスト勉強でも使えているようで、要領の悪い息子の成績も良くなり親としては嬉しいかぎりです。

 

【東京大学法学部受験突破の勉強法】不器用だからできる“逆転合格の極意”の口コミ

(Hさん お子さんのお母さま)
私と夫は、親として子供の夢を叶えてあげるために出来る限りのことをしてあげたくて、「不器用だから出きる“逆転合格の極意”」を購入し、子供に手渡すことにしました。

 

息子の悟志も高校では第1志望の大学は難しいと言われ、成績も伸び悩んで、親以上に受験に対する不安を抱えていたと思います。
精神的にも一杯いっぱいで、大学のレベルをもう1ランク下げるしかないという所まで追い込まれていました。

 

どうして一生懸命頑張っているのに成績は良くならないのか?何が悪いのか?
そういったこともマニュアルの沿って読み進めることで次第に息子もわかってきたようで、勉強に集中し始めました。

 

偶然見つけたマニュアルでしたが、思っていた以上に参考になったようです。
これまでは朝も昼も夜も勉強漬けでしたが、マニュアルに出会ってからは、時間的にも余裕が出来たこともあり、適度に息抜きをする時間も取れるようになり、ストレスも発散出来ているようです。

 

偏差値も一気に上がり、本人もビックリしています。
この調子なら第1志望にも合格できるかもしれないと先生に太鼓判を押され、志望校を受験する事になりました。

 

これまでの勉強法とは違い、大切なポイントが頭にすんなり入って理解できるようになったようで、苦手だった英語も苦しむ事なく勉強することが出来たみたいです。

 

これまでちゃんと勉強したのか、どこまでやったのかと口うるさく言って、息子を苛立たせていましたが、松平先生のマニュアルのおかげで親である私も息子も変わることができ、おかげで本日、合格することが無事出来ました(^^♪

 

また、子供に勉強を教えるプロである赤坂学力増進塾の赤坂良治先生もこのように言っています

マニュアルの構成についても、読書が苦手な子供でも無理なく読み進める配慮がなされています。
学習塾を経営していることもあり、これまでに多くの学習教材を目にしてきましたが、これほどレベルの高い教材に出会えるとは考えてもいませんでした。

 

私がこんな事を言うのは、お恥ずかしいのですが、大変勉強になりました。

※著作権の関係上、口コミは意味内容を変えずに一部表現を変えてお伝えしています。

 

価格は高いの?安いの?

この商品は、市販では販売されておらず、インターネットからしか購入出来ない教材です。

 

 

不器用だから出きる“逆転合格の極意”の価格は、税込で16.800円です。
高いと思いましたか?

 

 

確かに参考書や問題集などに比べて高いです。
ですが、一般の参考書などでは決してわからない最短で成績を上げる受験勉強法のノウハウがわかるんです。

 

 

正しい勉強法が分かれば、迷うこともなくなり勉強の効率も格段にあがり不安もなくなります。
そもそも試験は人間が作ったものですから答えがあり、その答えは誰が見ても正解でなければなりませんから、あなたにも正解だと理解できる筈です。

 

 

出題者は完璧な勉強内容はもとめていません。
試験委員は基本のできた受験生は探していますが、優秀な受験生は探していないので、そういう意味で手加減をした問題を出します。

 

 

だから、どんなに難しいと世間で言われる試験でも8割とれば合格でしょう。
ですから、試験では他の受験生との競争は全く気にする必要はありません。

 

 

自分がその8割の域に達すればいいだけだからです。
試験は時間の制約の中での戦いですから、難しい問題に多くの時間を割けば、やさしい問題を残り少ない時間で解かなくてはならず、やさしい問題も間違えるケースも多くなります。

 

 

これが最悪の事態を招くことは、親御さんでもわかりますよね。
試験というものが厳しいのは、答案用紙に書いたことだけが評価の対象になる点です。

 

 

時間がなかったことは何の言い訳にもなりません。優しい論点を間違えれば、試験官は「基本ができていない受験生」と判断し、すぐさま足切りへと向かうようになってしまいます。
それを逆手にとった短期間でマスターする方法を使い効率よく勉強をしようというのが、この教材の大きな特徴でもあります。

 

 

いずれにしても、受験や大学に入ってからのテスト勉強、さらには資格試験にも使えるものですから、身につけてしまえば一生使えるので、価格的には妥当、あるいは安いと言えるかもしれません。

 

 

一回で受験に合格出来れば、予備校などに通ったりすることもなくなり余計なお金も不要になります。

 

まとめ

逆転合格の極意のメリット

 

松平勝男先生の【東京大学法学部受験突破の勉強法】不器用だからできる“逆転合格の極意”をまとめましたが、いかがでしたか?

 

 

この教材は、一般では知ることが出来ない合格の可能性が不器用だからこそ急激に高められる勉強方法というのが特徴です。

 

 

誰でも実践でき、成績が伸び悩んでいる学生でも、睡眠時間を削ったりすることなく、劇的に学力偏差値をアップさせることが出来る方法というのが評価できる点かと思います。

 

 

ですので、この【東京大学法学部受験突破の勉強法】不器用だからできる“逆転合格の極意を実践することで得られるメリットは次のようなことが挙げられます。

 

●試験に合格してしまうコツが身につきます
●比較的楽して短期間に合格が得られます
●計画を立てて挫折をすることがなくなります
●試験運がアップします
●自分の生き方についてポジティブになり、何事にもプラス思考なれます
●気が付くと多くの資格試験などにも合格しています
●周りの人から頭がイイ、勉強が出来るように思われます
●適度にストレスを発散させるため息抜きをする時間も取れ余裕を持って試験に臨めます。
●偏差値も一気に上がりビックリするかもしれません
●苦手だった科目も理解に苦しむ事もなく勉強できます。

 

など、勉強時間を大幅に減らせ、なおかつ成績も飛躍的にアップでき、受験や資格試験にめっぽう強くなれるんです。

 

 

重要なのは、この不器用だからできる“逆転合格の極意”の効率の良い正し勉強法で成績が短期間で上げることが出来ているという事実を「知っているか」「知っていないか」「やるか」「やらないか」で今後のお子さんの人生が大きく変わるといっても過言ではないでしょう。

 

 

ただ、やはり値段が高いのがネックですよね。
ですが、普段頑張っているお子さんのこれからの人生の可能性をグ〜ンとより広げてあげることが出来るんです。

 

 

効率の良い正しい勉強法を早くに始めれば、それだけ成績も早くに上がると思うので、出来る人はどのような勉強をしているのか?
気になっ方は下記公式ページのボタンをクリックして今後の参考にしてみてください。

 

お得な特典付き!

 

@入試小論文徹底攻略メソッド(実践するだけで小論文が全く怖くなくなります。)
圧倒的な高評価を得られるノウハウ
A空いた時間に手軽に聞いていただけるテキスト講座音声
限定20部

 

上記の特典を上手く使えば、より効率よく勉強でき、合格にもグッと近づけるでしょう。

 

\今ならお得な限定価格!/

 

 

更新履歴
page top